吹奏楽譜 秘儀V〈エクリプス〉 作曲/西村朗 【2020年5月取扱開始】 [HCB-220]

吹奏楽譜 秘儀V〈エクリプス〉 作曲/西村朗 【2020年5月取扱開始】 [HCB-220]

販売価格: 22,000円(税別)

(税込価格: 24,200円)

数量:
※価格・仕様は予告なく変更される場合がございます。
お取り寄せ対応商品 通常3営業日前後で出荷。

・内容:スコア・パート譜一式
・演奏時間:約8分
・発売日:2020年4月23日
〈秘儀〉のシリーズは、一種宗教的、神話的なテーマによって作曲されており、着想には時として秘教的で呪術的、あるいは異界に接するような幻想性イメージも含まれている。
この秘儀V〈エクリプス〉は、天体現象である「日蝕」をめぐる原始的な祭祀をテーマとしている。
曲は連続して演奏される五つの部分から成っている。

【A】(冒頭〜)
予兆もなく、太陽が「日蝕」によって欠け始める。怖れおののき激しく動揺する人々。

【B】(第34 小節〜)
欠けて徐々に翳りゆく太陽のもと、自然界も異常にざわめき立つ。
人々は恐怖の中、太陽の衰微をくい止めるための祈祷を始める。

【C】(第71 小節〜)
皆既日蝕となり、天地は闇に包まれる。祈祷の儀式は、警蹕(けいひつ)の強い「シー」の発声となって、闇から現れる異界の邪鬼たちと戦う。

【D】(第106 小節〜)
闇の中での、太陽の蘇りを願う祈祷の舞。激しく高揚し、舞は狂気を孕む。
舞が途切れたところで太陽再生の光がか細く現れる。警蹕と邪鬼への強い足打ち。

【E】(第170 小節〜)
蘇りゆく太陽に向かっての歓喜の祈りと乱舞。打楽器らの「ケチャ」風2分の2拍子と管楽器の8分の8拍子が同時進行する部分もある。

浜松聖星高等学校吹奏楽部の委嘱により、2019 年の3 月から5 月にかけて作曲。 (西村朗)

編成

Piccolo
Flute
Oboe
Bassoon

E♭ Clarinet
B♭ Clarinet 1,2,3
B♭ Bass Clarinet

B♭ Soprano Saxophone
E♭ Alto Saxophone 1,2
B♭ Tenor Saxophone
E♭ Baritone Saxophone

B♭ Trumpet 1,2
F Horn
Trombone
Euphonium
Tuba
Contrabass
Piano

Timpani
Percussion 1 (Tubullarbells, Glockenspiel, Claves)
Percussion 2 (Vibraphone, 5 Triangles, Claves)
Percussion 3 (Vibraphone, 3 Wind Chimes, Claves)
Percussion 4 (3 Suspended Cymbals, Wood Block, Marimba, Whip, Xylophone)
Percussion 5 (Tam-tam, Gran Cassa, Glockenspiel, Sleigh Bell)

【免責事項】
♪昨今、出版物の絶版のスピードが速まっており、リアルタイムでの陳列削除が難しい状況です。ご注文後お取り寄せとなった場合、出版社に確認後、絶版となっている場合はキャンセル扱いにさせていただくことがございますので、あらかじめご了承の程お願い申し上げます。

Facebookコメント