吹奏楽譜 アストロラーベ  作曲/清水大輔   【2019年12月取扱開始】 [FMP-0075]

吹奏楽譜 アストロラーベ  作曲/清水大輔   【2019年12月取扱開始】 [FMP-0075]

販売価格: 30,000円(税別)

(税込価格: 33,000円)

数量:
※価格・仕様は予告なく変更される場合がございます。
お取り寄せ対応 通常3営業日前後。

♪写真をクリックすると出版社ホームページ上でサンプルスコアの観覧が出来ます。
(一部、対応していない作品もございます。)

編成: 中編成 (46人〜)
グレード: 4+
演奏時間: 11分0秒

演奏人数の目安: 46人
 ※各パート1名(optionalは-1、div.は+1)で算出


この作品は2010年川口市・アンサンブルリベルテ吹奏楽団の委嘱により書き始め同年11月に完成した11分程の作品。2010年12月23日に開催された同団第42回定期演奏会にて初演されました。また、2012年に開催された第15回「響宴」にて再演され、好評を博しました。
タイトルである『アストロラーベ』とは古代の天文学者や占星術者が用いた天体観測用の機器であり、アナログコンピュータでもありました。用途は多岐にわたり、太陽、月、惑星、恒星の位置測定および予測、ある経度と現地時刻の変換、測量、三角測量に使われたりもしました。
この作品はアストロラーベ自体を題材にしたのではなく、その小さな機器から宇宙の測定が出来るように、室内楽的な楽想を大編成の吹奏楽で演奏するという試みからこのタイトルにしました。今回は60年代後半から70年代のロックやポップスなどの影響を受けており、私が想像上で作り上げた架空ロックバンドにこんなタイトルのナンバーがあったら・・・、というかなり妄想的な要素も含んでいます。
曲は大きく分けて4つに分かれておりそれぞれ個性的な楽想を持っています。
強烈なパッセージが続く早部が続くと思いきや長い音符とリズミックなパッセージが共存する場面、中間部ではオーボエソロの中でサウンドホースが鳴り響き、ある意味“ベタ”な宇宙空間を演出します。(50年代 60年代の古いアメリカ映画の雰囲気です。)コーダにかけて曲は最高潮に達しますが、それまでの楽想を吹き飛ばすようなエンディングとなり曲は狂喜乱舞し幕を閉じます。
自分の中で『言葉』として伝えるのがとても難しい作品ですが・・・少しでもこの雰囲気を楽しんで頂ける事が私の最大の喜びであり願いでもあります。

Piccolo
Flute 1
Flute 2
Oboe 1
Oboe 2
Bassoon 1
Bassoon 2
Clarinet in E b
Bb Clarinet 1 (div.)
Bb Clarinet 2 (div.)
Bb Clarinet 3 (div.)
Alto Clarinet
Bass Clarinet
Contrabass Clarinet
Soprano Saxophone
Alto Saxophone 1
Alto Saxophone 2
Tenor Saxophone
Baritone Saxophone
Trumpet 1
Trumpet 2
Trumpet 3
Horn 1
Horn 2
Horn 3
Horn 4
Trombone 1
Trombone 2
Trombone 3
Bass Trombone
Euphonium (div.)
Tuba (div.)
String Bass
Timpani
Percussion 1
Percussion 2
Percussion 3
Percussion 4
Percussion 5
Piano
Harp


【免責事項】
♪昨今、出版物の絶版のスピードが速まっており、リアルタイムでの陳列削除が難しい状況です。ご注文後お取り寄せとなった場合、出版社に確認後、絶版となっている場合はキャンセル扱いにさせていただくことがございますので、あらかじめご了承の程お願い申し上げます。

Facebookコメント