吹奏楽譜 10分間のジャズ・ウォーミングアップ 《吹奏楽版》 comp by Jim Mahaffey arranged by 和田信 【2019年2月15日発売】 [077086]

吹奏楽譜 10分間のジャズ・ウォーミングアップ 《吹奏楽版》 comp by Jim Mahaffey arranged by 和田信 【2019年2月15日発売】 [077086]

販売価格: 8,640円(税込)

数量:
※価格・仕様は予告無く変更される場合がございます。
お取り寄せ対応商品 ご注文後、通常3日前後で出荷。

ビッグバンドの世界では、ジャズを演奏するためのバイブルとして有名なThe Ten-Minutes Jazz Warmup、そのまま吹奏楽で使うこともできますが、例えばクラリネットが1パートしかないなど、物足りない内容でした。 そこで、一般的な吹奏楽の編成用に再アレンジしたもの。ジャズを演奏したい吹奏楽団のマストア イテムです。

楽器編成
Piccolo / Flute 1-2 / Oboe / Bassoon / Eb Clarinet / Bb Clarinet 1-3 / Bass Clarinet / Alto Saxophone 1-2 / Tenor Saxophone 1-2 / Baritone Saxophone / Trumpet 1-4 / F Horn 1-4 / Trombone 1-3 / Bass Trombone / Euphonium / Tuba / Bass / Piano / Mallets & Guitar / Drum Set

ジャズ(スウィング)をきちんと演奏するためには、アーティキュレーション、音価、ダイナミクス、フレージ ングを演奏者が共通認識を持って演奏することが大切です。このジャズのためのウォーミングアップ教本はもと もとビッグバンド用に出版されていたものを吹奏楽用に編成を拡大したものです。ジャズに初めて接するバンド はもちろん、慣れ親しんでいるバンドであってもこのウォーミングアップにより、よりスウィング感を統一する ことが出来ます。

以下の4つのパートに分かれています。

Part I: Jazz Chorale このパートは、ジャズ・コラールを演奏することで優れた音質、ブレンド、バランス、ピッチ、ダイナミクス、 およびフレージングを開発していきます

Part II: Doo-dots このパートでは、ジャズ特有のアーティキュレーションとスウィング・リズムのための練習をします。 楽器で演奏する前に、演奏者が“Doo-dots”を発声するとより理解を深めることが出来ます。

Part III: Major Scales and Major 7th Chords このパートでは、全てのメジャー・スケールとメジャー7thのコードが含まれています。アーティキュレーショ ンと発音が記載されていますので、その通りに演奏できるように練習します。

Part IV: Kicks このパートでは12小節のブルース・スタイルの練習をします。アーティキュレーションやダイナミクス、音価に 気をつけながら、アップビート(拍の裏)とダウンビート(拍の表)の演奏をリズムセクションと一体化できる 様に演奏します。ドラマーは様々なビートでバンドの演奏を導くための“キック”の使い方について学ぶ良い機 会となります。また、ピアニストはコンピング(伴奏)をしながら、カウント・ベイシースタイルのフィルをい れる練習もできます。

ジャズを演奏しているようでジャズを知っている人にはジャズに聞こえない、そんな状態から本物のジャズを演 奏するための第一歩を踏み出すための教材としてはこれ以上のものは必要ないと言えます。

全てのパートが揃っている必要はありません。ハーモニーが犠牲になることは考えられますが、主眼はジャズの 演奏ができるようになることですので、足りない小編成のバンドでも気にせず活用できます。


【免責事項】
♪昨今、出版物の絶版のスピードが速まっており、リアルタイムでの陳列削除が難しい状況です。ご注文後、お取り寄せとなった場合、出版社に確認後、絶版となっている場合は、キャンセル扱いにさせていただくことがございますので、あらかじめ、ご了承の程、お願い申し上げます。

Facebookコメント