吹奏楽譜 行進曲「輝く銀嶺」(小編成版) 作曲:斎藤高順  編曲:渡部哲哉 【2018年11月取扱開始】 [NWO-045]

吹奏楽譜 行進曲「輝く銀嶺」(小編成版) 作曲:斎藤高順  編曲:渡部哲哉 【2018年11月取扱開始】 [NWO-045]

販売価格: 5,400円(税込)

数量:
※価格・仕様は予告無く変更される場合がございます。
お取り寄せ対応商品 ご注文後、通常4日前後で出荷。

★ジャケットをクリックすると、出版社ホームページにて、サンプルスコアが閲覧できます。(一部対応していない作品もございます。)

作曲:斎藤高順 (Takanobu SAITO)
編曲:渡部哲哉 (Tetsuya WATANABE)
演奏時間:2'20"
グレード:3

楽曲解説
青く澄んだ空にくっきりとそびえる白銀の山々。そんな美しい大自然の姿を心に浮かべながらこの曲を作曲しました。演奏する時は旋律は心から歌い、ハーモニーは気持ちよく協和させ、リズムは正しく、堂々たる気品を保ちながらも軽快さを失わず明るく楽しく演奏してください。

冒頭の打楽器群による短い前奏は、曲のテンポを決める重要な部分です。正確に、しかも華麗さを失わない様にしてください。続く[A]からの主要な主題にはスラーがありませんが、1つ1つの音を印象的にするためです。スタッカートではありませんので注意してください。中低音域では対旋律がなだらかに演奏されますが、こちらは美しく主旋律に調和させてください。[C]からの八分音符はややスタッカート気味に演奏した方が主題と対照的になり効果が上がります。[H]からは低音群に旋律が移り曲も短調に変わりますが、悲壮な感じと共に堂々たる気品は失わないことが肝心です。その後の[I]からは、ユーフォニアムが旋律とは別の動きをして「綾織り」(あやおり)のような効果を出しますので、ここは特に印象に残る様、丁寧に演奏してください。

楽譜には書いてありませんが、終止線の後再び曲の頭に戻ってトリオの前で終わらせる様な構成でもいいでしょう。
(斎藤高順)

【免責事項】
♪昨今、出版物の絶版のスピードが速まっており、リアルタイムでの陳列削除が難しい状況です。ご注文後、お取り寄せとなった場合、出版社に確認後、絶版となっている場合は、キャンセル扱いにさせていただくことがございますので、あらかじめ、ご了承の程、お願い申し上げます。

Facebookコメント