吹奏楽譜 終幕のギャロップ 高橋宏樹 作曲 【2019年5月取扱開始】 [MEOR-005]

吹奏楽譜 終幕のギャロップ 高橋宏樹 作曲 【2019年5月取扱開始】 [MEOR-005]

販売価格: 7,560円(税込)

数量:
※価格・仕様は予告無く変更される場合がございます。
ご注文後お取り寄せ対応商品 通常7営業日前後で発送。

♪ジャケットをクリックすると、出版社ホームページにて、サンプルスコアが閲覧できます。(一部対応していない作品もございます。)

作曲家名:高橋 宏樹 (Hiroki Takahashi)

演奏時間:3分00秒

グレード:3(中級)

三重県立いなべ総合学園高校吹奏楽部の委嘱で書きました。タイトルの通り演奏会の終わり、つまりアンコールで出来る小品として作曲しました。最後はやはり観客の手拍子とともに盛り上がりたいという所からギャロップにしました。ギャロップとは馬がパッパカと疾走する様です。そんなスピード感をもった楽しい作品になっています。(高橋宏樹)

楽器編成 / Instrumentation

[]内は楽譜セットに含まれる部数
Piccolo (opt.) [1]
Flute 1 [2]
Flute 2 [2]
Oboe (opt.) [1]
Bassoon (opt.) [1]
Bb Clarinet 1 [3]
Bb Clarinet 2 [3]
Bb Clarinet 3 [3]
Bass Clarinet [1]
Alto Saxophone 1 [2]
Alto Saxophone 2 [2]
Tenor Saxophone [1]
Baritone Saxophone [1]
Horn 1 [1]
Horn 2 [1]
Horn 3 [1]
Horn 4 [1]
Trumpet 1 [2]
Trumpet 2 [2]
Trumpet 3 [2]
Trombone 1 [2]
Trombone 2 [2]
Trombone 3 [2]
Tuba [2]
String Bass [1]
Timpani/Triangle [1]
Perc. 1: [2]
 Snare Drum
 Bass Drum
Perc. 2: [1]
 Cymbals
Perc. 3: [3]
 Xylophone
 Glockenspiel
 Tambourine

【免責事項】
♪昨今、出版物の絶版のスピードが速まっており、リアルタイムでの陳列削除が難しい状況です。ご注文後、お取り寄せとなった場合、出版社に確認後、絶版となっている場合は、キャンセル扱いにさせていただくことがございますので、あらかじめ、ご了承の程、お願い申し上げます。

他の写真

  • 高橋 宏樹(Hiroki Takahashi)
    1979年、東京生まれ、パンスクール・オブ・ミュージックにて映像音楽やポップス理論などを学ぶ。主に吹奏楽曲や管楽アンサンブルの作編曲をしている。その他ポップスの編成やオーケストラの編曲なども手がけている。ピアノやキーボードのサポート、鍵盤ハーモニカなどプレイヤーとしての活動も行っている。シュピール室内合奏団メンバー。ズーラシアンブラス契約作編曲家。21世紀の吹奏楽「響宴」会員。吹奏楽作品:行進曲「勇気のトビラ(2014吹奏楽コンクール課題曲)」「オーディナリー・マーチ」「アミューズメント・パーク組曲」「サーリセルカの森」「流星の詩」な ど。アンサンブル作品:「文明開化の鐘」「グリムの古城」「アマンド・ショコラ」「The Times」「3つの魔法」「月明かりの照らす3つの風景」など。

Facebookコメント