吹奏楽譜 ボヘミアン・ラプソディ 作曲:F.マーキュリー 編曲:金山徹 【2018年11月取扱開始】 [NWP-026]

吹奏楽譜 ボヘミアン・ラプソディ 作曲:F.マーキュリー 編曲:金山徹 【2018年11月取扱開始】 [NWP-026]

販売価格: 5,400円(税込)

数量:
※価格・仕様は予告無く変更される場合がございます。
お取り寄せ対応商品 ご注文後、通常4日前後で出荷。

🎵ジャケットをクリックすると、出版社ホームページにてサンプルスコアが閲覧できます。(一部対応していない作品もございます。)

作曲:F.マーキュリー (F.Mercury)
編曲:金山徹 (Tohru KANAYAMA)
演奏時間:5'30"
グレード:3.5

楽曲解説
フレディ・マーキュリーがリード・ボーカルとして擁したイギリスのバンド「クイーン(Queen)」が1975年に発表したアルバム「オペラ座の夜」に収録された楽曲。演奏時間が5分55秒と、当時のシングルレコードとしては長すぎたため、当初はシングルカットを見送られたが、ラジオ番組で聴いたリスナーからの反響が大きかったため、シングルカットされ大ヒット、クイーンを代表する楽曲のひとつとなった。この曲では「世界初」と言われるプロモーションビデオも製作された。

曲の構成は、アカペラ〜バラード(A~E)〜オペラ(F~H)〜ハードロック(I~L)〜バラード(N)となっており、この編曲では、冒頭のアカペラ・セクションは原曲の途中から始まっています。クイーンは4人編成のバンドのため、オペラ・セクションの分厚いコーラスをステージで再現する事ができず、その部分では録音を流していましたが、多種多様な楽器があり、クラシックもポップスも演奏できる吹奏楽編成は、この曲を演奏するのにぴったりではないでしょうか。

オーボエパートに「Optional:3rd Flute」とありますが、オーボエがいない時に、1曲通してフルートで演奏しても良いですし、冒頭の部分や[N]など、ピッコロ奏者が休みの箇所で、フルートに持ち替えて演奏しても良いでしょう。


【免責事項】
♪昨今、出版物の絶版のスピードが速まっており、リアルタイムでの陳列削除が難しい状況です。ご注文後、お取り寄せとなった場合、出版社に確認後、絶版となっている場合は、キャンセル扱いにさせていただくことがございますので、あらかじめ、ご了承の程、お願い申し上げます。

Facebookコメント